ラグジュアリーブランドへ40歳過ぎで転職した話。

転職のこと

ラグジュアリーブランドの仕事にどんなイメージを持ってますか?

私は何度か、アパレルで転職しました。

44歳の時あるラグジュアリーブランドに転職し、販売職をそのブランドで終えました。

昨今はコロナでアパレルは厳しい状況に置かれていますが、服が好きな人にとって、服に関わる仕事をすることはいつでも夢の一つ。

服に関わる方もそうでない方も、仕事と会社を選ぶ際は、一番自分らしく居られる環境へ身を置くことをおすすめします。

この記事が何かの参考になれば幸いです。

クリーデンス

・クリーデンスはラグジュアリーブランドの求人も色々あります^^

面接を受けて知った、企業が求める人間とは..

面接を通し、私が一番役に立ったと思うのは回数を重ねること

数年前、私はフラグジュアリーブランドの面接をいくつか受けていました。

理由はファストファッションの仕事について行けなくなったから。

効率と数字がものを言う世界から離れたくなったんです。

扱う金額も、客層もまるで変わるラグジュアリーブランドの面接を受ける中で、特に聞かれたのは「単価が高くなりますがそのあたり大丈夫ですか?」というもの。

お局化してないよね?っていう確認ですね。

が、それも仕方のないこと。

最終的に私が転職したブランドは、今思い返しても従業員を大切にしてくれる会社でした。

某大手のブランドを受けた時は、全く雰囲気が違ってて、とにかく結果を出せるのか?を最初から最後まで重視されました。

面接官という客に、自分を正しく説明する

転ラグジュアリーブランドへ40歳過ぎで転職した話。laliberte

最終的に私が面接で意識したのは、

面接官はお客様だと思うこと。

それが出来るようになるには、やはり少々場数を踏んで慣れることが有効。

まだ経験が足りない場合は、熱意で代替しましょう。

何事も回数を重ねるとおのずとブラッシュアップされますし、落ちたとしても縁がなかったと割り切ってください。

面接は相性と確率

相手のあることですから、自分がいくら努力してもどうにもならないこともある。

私の場合、面接を受ける中で堂々と応えるとうまく行くという実感がありました。

そして徐々にリラックスして自分らしさを出せるようになりました。

スキルは十分ある。でも相手が心配しているのは、自社に入ってやっていけるのか?

そこでオドオドしたら、マイナスに印象付けてしまう。

面接は慣れです。

私は今まで30回ぐらい、面接を受けましたが、落ちた(辞退含め)のも25ぐらいあります。

神様がそこじゃないよってふるいにかけてくれてるんですね。

明らかに準備不足だった場合は、落ちても仕方ありません.. 準備とパフォーマンスは比例するから。

どんなシチュエーションでも気持ちに正直に自分をそのままアピールしましょう

ファッションと、身だしなみの違いを知ろう

ラグジュアリーブランドへ40歳過ぎで転職した話。 laliberte 服

ところでファッションと身だしなみの違いって知っていますか?

身だしなみは相手を敬い、不快感を与えないよう自分を整えること。

営業の方や公の人、ビジネスで身だしなみが大切とされるのは相手ありきだから

清潔感や好印象を残せるように自分をセルフプロュースする。

自分の安売りだけはしないでくださいね。

あと大切なのは、自分に嘘をつかないこと。

自分を曲げてまで入った会社は、結局長く続きません。私がそうでしたので。

自分の言葉で伝えた時、喜んで迎えてくれる場所をしつこく探してください。

必ずあります。

応援しています!

・初めて外資系とラグジュアリーブランドへ転職した際にお世話になったのがクリーデンスです。転職相談も無料でしてくれるので、まずは登録してみてはいかがでしょう^^

クリーデンス