Googleデジタルワークショップを受講しました!為になる知識と、その内容。

デジタルワークショップ スキルUP

Google デジタルワークショップは、Googleが無料で提供する学習コンテンツ。

WEBの勉強をしている時に検索していて知りました。

これは為になる!と思い受講開始。

今回は実際に修了して、どのようなコースだったかを中心に書きたいと思います。

オンラインで事業をしている人や、地元でお店を営んでいる人、WEB集客を考えている人など参考になれば嬉しいです。

受講コースと流れ

デジタルマーケティングの基礎という、Googleから認定書がもらえるコースを受講。

26のモジュールで出来ており、時間数は40時間です。

取得するメリットとして以下のように記載されています。

認定証を取得すると、就職または転職活動の際、デジタル マーケティングの基本概念を明確に理解していることをアピールできます。認定証は履歴書に追加したり、LinkedIn のプロフィールにアップロードすることもできます。

認定証は、優れたデジタル スキルを持ち、学習意欲にあふれた人材であることの証明となります。この 2 つは、今日のビジネスに欠かせない重要な要素です。これらの長所をアピールすることで、希望の仕事に就ける可能性が高まります。

デジタル知識の向上は、求職、昇進、転職などに役立ちます。

参照元:Google デジタルワークショップ

基本的なWEBマーケティング力を備えていると認識してもらえるかもしれませんね。

Googleデジタルワークショップってどんなもの?受講内容と得られるメリット laliberte
※下の緑の丸い部分が0から100になると終了です。

学習は動画を観て進めます。

一コマ約3〜4分ぐらいで、疲労しない程度の長さです。

一コマが終わると、小テストでその項の内容を確認。

一章が終わると、章まとめのテスト。

このテストで全問を正解するまで次に進めないようになっています。

4択問題ですが、設問は判断に迷うものも多く混ざっている印象でした。

最初は半分ぐらい間違っていたこともあります。笑

私は毎日少しずつ観て、一週間で終了することが出来ました。

全部きっちりというより、必要な項目に重点を当て学ぶ方が効率的かと思います。

最終テストの内容

一通り学び終わるといよいよ最終テスト。

これに合格すると、デジタル証明書が発行されます。

全部で40問。そのうち32問以上正解で合格です。

不合格だった場合は、1日置いて再受験出来ます。

24時間の間に振り返りをしておけということでしょう。

各項目に再学習のヒントが出ますが、どの答えが間違ってるのかは解らないので(ここが辛い)回答をメモしておく方がいいかもしれません。

私は1回目、40問中正解29問で不合格。。

答えを走り書きしておいたものを翌日改めてチェックし、再度受験。40問中37問正解で無事に合格出来ました。

Googleデジタルワークショップを修了しました!laliberte

デジタルワークショップ証明書!

合格するとこのようなデジタル証明書がもらえます。

Googleデジタルワークショップってどんなもの?受講内容と得られるメリット デジタルワークショップ証明書

プラスアルファで、活用出来ると効果的かもしれませんね。

実際、普段当たり前のように使っているGoogleがどんな風に、ユーザーを捉えているのか理解を深めることが出来ました。

他にはデジタルウェルビーイングと、自己PRの章を受講しま。

しばらくデジタルデトックスをしようと思っては見るものの、なかなか難しいですよね。。

でも、時々一日殆どスマホを開かないでいると、本当に気分がスッキリします。体のメンテナンスと同じく、コンスタントな習慣にすると本当にいいと感じます。

この章では、自分にとってプラスなデジタルとの付き合い方を伝えてくれます。

Googleデジタルワークショップを修了しました!laliberte
※デジタルマーケティング以外は英語の動画のようです。字幕有り。

新しい知識は振り幅を広げる

以前、ある外資系ファストファッションで働いていました。

とにかく数字と効率重視。

数字に強くないことを自負していた私は、その仕事の在り方に違和感を抱いていました。

すると、あまり相性の良くなかった(笑)上司が私に言ったのです。

「感覚と数字を合わせたら、最強なんだけどね」

私はその頃、共感とか感覚を重視していて、ゴリゴリの数字主義で磨かれた上司達にも同じように違和感を感じていました。

でも、それは相手も同じだったのです。

私の共感力と察知力を、上司は求めていました。

どちらが正しい、正しくないではなく、単に相性、方法が違うということ。

結果は、同じであればいい。

上司には徹底的にKPIを叩き込まれ、私は上司に接客を教えました。笑

すごいですね〜^^とか言いながら。

結果、振り幅が広くなり、仕事しやすくなりました。

そういう意味でも、このデジタルワークショップを受講することは、新しいユーザー視点を持つことに繋がると思います。