シンプルかつ、長く愛用出来るブランド5選

服とエコ

購入する服はどんどんシンプルになり、数も減りました。

若い頃は買い物の殆どを洋服につぎ込んでいた時もありましたが、一周回って、結局シンプルで良いものを大切に着続けることこそスタイルだと気付きました。

ラグジュアリーブランドは非日常過ぎてどうしても見てるだけ。(懐も付いてかないしね)

私が好きなのは、生活にちゃんと溶け込んでくれるリアルクローズです。

そんな中でも、個人的に好きなブランドをご紹介したいと思います^^

お付き合い頂ければ幸いです。

COS

ミニマリストになりたい人へ。アパレル10年の私がお勧めする、シンプルで長く愛用出来るブランド5選

COSはあのH&Mの一つ上に位置付けされているブランド。

シンプルなデザインの中にこだわりがあり、4年ぐらい前に知ってからここで服を買っています。

素材が上質で、コットンも滑らかで洗練された雰囲気のものが多く、コストパフォーマンス的にも優秀。

素材もオーガニックを始め、再利用されたコットンを50%以上使用するなど、サスティナブルに積極的な取組みを感じます。

コンセプトは「スマートな買い物で、一生ものを」

気づけば私のワードローブの半分はCOSになりました。

店舗は日本で3つのみですが、今はオンラインでも購入出来るようになりました。

機会があれば、ぜ一度手に取って見て欲しいブランドです。

プチバトー

PETIT BATEAUは、フランスの子供服のブランドです。

コットンや縫製にこだわりを持ち、技術を守りながら今も同じ製法で作り続けています。

Tシャツは大人の女性にも人気で、着心地が良く、家ではプチバトーのTシャツを着ることが多いです。

何度洗濯しても首元がヨレないのは、信頼に値します!

A.P.C

ミニマリストになりたい人へ。アパレル10年の私がお勧めする、シンプルで長く愛用出来るブランド5選

A.P.Cは、流行にある意味反旗をひるがえすコンセプトを持つブランド。

上記のシャツは’70年代風の大きめの襟と細かなドット柄に惹かれ購入。

潔さがかっこいい。

これにジーンズを合わせ軽いコートを羽織るとカッコよく決まります。

マーガレットハウエル

MAGARET HOWELLはメンズのシャツからインスピレーションを受けたデザイナー。

すっきりした潔いデザインで自然と女性らしさが浮き出るところが好きです。

昔からあるものを大切にするマーガレット自身の暮らしから派生するアイテムは凛としていて素敵です。

靴 NAOTO

ミニマリストになりたい人へ。アパレル10年の私がお勧めする、シンプルで長く愛用出来るブランド5選 NAOTO 靴

NAOTOの靴。結構履き込んでるのでお見苦しかったらゴメンナサイ。

どんな服にも合うし安定した履き心地。

長く付き合っていきたいと思わせてくれるブランドです。

サボやサンダルもかわいいいですよ^^

その他 お気に入り

ミニマリストになりたい人へ。アパレル10年の私がお勧めする、シンプルで長く愛用出来るブランド5選 cos ミズイロインド

mizuiro indは、シンプルながら独特の遊び心やひねりが感じられるブランド。

こちらの薄手のフードコードはラインも綺麗で、大人っぽくも着れるのでとても気に入っています。

中のシャツはCOS。バッグはAnn Demeulemeester。

ミニマリストになりたい人へ。アパレル10年の私がお勧めする、シンプルで長く愛用出来るブランド5選

Pool いろいろの服は、ミナペルホネンの皆川明さんが監修しているブランド。

無印良品のリネンは私も常々高品質だなあと感じていましたが、余ったリネンを再利用して作られたブランドです。

染めの色に特徴があり、カラフルなのに何処かエキゾチックなアイテムが多いです。

インテリア等を扱うIDEEのブランドになりますので、機会があれば手にとって見てくださいね^^

ミニマリストになりたい人へ。アパレル10年の私がお勧めする、シンプルで長く愛用出来るブランド5選

kapuwaという名前のインド製ウールのストール。

大判ですが適度に透け感もあり、ざっくり巻いてもよし、寒い時には膝にかけてもよし。

一つずつ木版の型で押される柄は、インドの伝統的な技法。

私もこの木版プリントに惹かれ、ものづくりをしています。

ミニマリストになりたい人へ。アパレル10年の私がお勧めする、シンプルで長く愛用出来るブランド5選 バーバリー マフラー

イギリスのブランドBurberryの代表的なアイテム。

滑らかなカシミアの肌触りは、冬が待ち遠しくなる程うっとりします。

長く使い込んでいきたいアイテムです。

ミニマリストになりたい人へ。アパレル10年の私がお勧めする、シンプルで長く愛用出来るブランド5選ロバートマッキー

ロバートマッキーはスコットランドのウール製品メーカー。

その歴史は1845年まで遡ります。

伝統的なスコットランドの帽子ボンネットを現在も作り続けている唯一のメーカーだそう。

色の組み合わせが私は好きで、シンプルな洋服のアクセントとして重宝します。

改めて服の数が本当に減りました。

もう、ほんとにスッキリです。

「フランス人は10着しか服を持たない」ではないですが、いつもほぼ同じ服を着ています。

私服を制服化出来るようになったら、それがその人のスタイルだと私は思います。

そんなライフスタイルは、本当に豊かなミニマリストに繋がると感じています。