~3つの目的別~ おすすめ英語学習法

さて、あなたが英語を学ぶ目的は何ですか?

仕事で必要、TOEICスコアアップの為、外国人と日常会話出来るようになりたい、子供と学びたい、教養の為など理由はそれぞれでしょう。

今回は私の実体験も踏まえつつ、目的別おすすめ英語学習法全般をお伝えしていきます。

おすすめ英語学習法と言うからには英語ペラペラでしょ?と思われた方申し訳ありません。ペラペラでもないし、TOEICハイスコア保持でもないです。

しかし外資系に3年勤務して、転職活動をする中で英語は自分の価値を大幅に底上げする武器であると確信しまして、その辺りも含めながら私なりのおすすめをお伝え出来ればと思います。

仕事で英語必須の方へ

早速まいりましょう。

ビジネスで英語が必須の方。

ビジネスに必要な語彙やコミュニケーションは、ビジネスを理解している人に学ぶのが一番です。旅行会話や日常フレーズも大切ですが、習得したい項目に優先順位を付けましょう。

余談ですが、私は外資系入社一年後社内公募へ応募したことがあります。その業務は英語が5、60%の割合で必要。

少し勉強すれば何とか追いつくだろう、と給与アップも狙いつつ鼻息荒く面接に挑みました。でも、甘かった。

当然ながら即戦力でなければ周りに迷惑がかかるんですね。やる気がいくらあろうと。

実は今年の3月頃、以前から強い関心が合ったNPO法人に転職しようと思い応募をしていました。これから環境問題や社会問題の解決に少しでも貢献出来る仕事がしたいと思ってのことです。

幸運にもあるNPO法人の面接をスカイプで受けることになりました、国際的な活動をする中で他国とのやり取りも出てくることから、面接では英語で自己紹介をするよう前もって伝えられました。

事前に伝えられていたとは言え、自分が言いたいことのニュアンスまで英語で言えたかと言ったら…全くでした。せっかくのチャンスを生かせなかった悔しさで一杯でした。

これは私のいちエピソードですが、チャンスを得たのに自分の能力不足が原因で掴めない悔しさというのは、誰にもあるのではないでしょうか。もし大きなチャンスを目の前にしている人が居たら、出来ることは全てやるぐらい準備して挑めば後悔は少なくて済む気がします。

ビジネス英語で定評のある英会話学校ベルリッツは大手企業も研修で導入しています。少し自己投資する余裕がある方は短期で集中してみる価値はあるかもしれません。

ビジネス英会話教室ベルリッツ

・いずれ外資系に転職したい方、昇進の為に英語が必要な方。

英語のレジュメを作ったり、英語での面接をする際に必要だと思ったのは日常フレーズではなく、相手との距離感を保てるスマートな英語。そういった語彙は会話を通して耳と脳に蓄積させましょう。

予防接種と同じで、定期的な復習で記憶を定着させていくこと。私がやっていたレアジョブ英会話はビジネスコースがありメソッドに対応可の講師がレッスンを行います。教材も良質。無料体験レッスンでビジネスコースも選択出来るので興味のある方は試してみてください。

オンライン英会話のレアジョブ!

私がしていた復習方法の一つは、チャットに会話内容を残してもらい振り返れるようにすること。

レッスンを重ねると自分が苦手な部分が解ってきます。私は前置詞が抜けたりbe動詞が抜けたりしがち。会話で間違えた箇所は記憶に残りやすいのでお勧めです。そのフレーズを自分のものにしていけます。

面接ではSTARメソッドを生かそう

日本ではあまり広まっていませんが、特に外資系や外国人相手に、面談や面接する機会があればSTARメソッドを活用しましょう。

これははフィリピン人講師からレッスン中に教えてもらいました。当日に面接の予定があり、自信ないですぅ〜と伝えたら親切に教えてくれたのでありがたかったです。

Situation:その時の状況はどうだったか

Task:どんな課題があったか

Action:どんな行動を取ったか

Result:結果はどうだったか

このプロセスに沿い回答していきます。

海外では浸透しているメソッドのようです。外資系特に外国人が相手の時はぜひこの手順で挑みましょう。こちらのサイトも参考になるかと思います。→A global harmony

給与、TOEICスコアアップを狙う方へ

・TOEICスコアを上げて給与アップしたい、就職転職に生かしたい方。

英会話は一旦横に置き、良い教材で繰り返し学習する。対策本は山程ありますが、アレもコレもと欲張ってはなりません。

一つの教材が脳に染みるくらい繰り返し学習する。耳を鍛える為に同じセクションを繰り返し聴きましょう。スコアアップに焦点を絞る人は対策をきちんとしましょう。時間配分、何処を読み何を聴けば良いのか把握せず挑むとこうなります。笑→私が行き着いた英語勉強法②

私のお勧めツールはabceed。TOEICに特化したアプリで様々な教材をリスニングできます。

既にTOEIC対策本を持っていて音声を聴けるようにしたい、本を持ち歩かず効果的に学習したい人におすすめ。無料プランはリスニング可能、有料プランにすると予想スコアや単語登録機能などかなり使える機能が多いです。

私は有料プランにして同じ教材をひたすら学習しました。個人的にはTEX加藤さんの対策本がお勧め。(オヤジギャグがモチベーションを上げてくれるので。笑)

予想スコア835とありますが、これだけ取れたら嬉しいな〜。コロナで4月に受けられませんでしたがそのうち受験しようと思います。どれだけやるかは自分次第なので、良ければリスニングを無料で試してみてください。

abceed

目標を達成するにはその期限を設けること。ここまでに〇〇を達成、と手帳に書き込み日々に落とし込むこと。それをせず目標を追うのは時間の無駄遣い。大切な人生の時間を闇雲に使うのはもったいないですからね。

旅行、趣味教養で身に付けたい方へ

日常会話のフレーズを覚えたい、外国人に道案内出来るようになりたい、簡単なやり取りぐらいはマスターしたいという方。そもそも学びって自分が楽しくないと続かないんですよね。なので自分が楽しめる方法を選ぶことが大切。

私のおすすめポッドキャストはHapa 英会話

ロス在住のジュンさんが、毎週旬なトピックを交えながら配信しています。

WEBでは会話内容を英語で見ることが出来るので、ああ、これはあんな発音で言うのか〜と振り返りも出来る。私のお気に入りはネイティブスピーカーが2人で行う会話セクション。自分がどんだけ聞き取れないかを知ることが出来る。笑

興味のあるトピックを選べるのもとても良いと思います。

そして数あるトピックから選ぶのは、自分が関心のあるテーマにしましょう。何故なら自分の生活と合わないものを選んでも耳に入っては来ません。

私は始めの方に配信された、働くこととお金についてのテーマや、ストレス発散法などのカンバセーションを暗記するぐらい聞いてました。笑 あ〜、これいつか言うかもしれんな〜と。

それから先ほど紹介したレアジョブ英会話の日常会話コースもおすすめです。レッスンの始め方から基本のやり取りをしっかりマスターすれば、レッスン中に固まってしまうことも無くなってきます。

ビギナーから上級まで様々なシチュエーションのカリキュラムを組むことができ予約は5分前まで、キャンセルは30分前までOK。一回25分のレッスンなのですきま時間も有効に使えますね。

講師によってはレベルに違いがあるので、性別、興味、仕事など5000人以上の講師から絞り込みして、最初は何人かの先生でお試しレッスンしてみるのが良いかもしれません。

レアジョブが運営する情報サイトEnglish Labもコンテンツが充実しています。モチベーションの保ち方や学習サイクルの知識、日常に使うフレーズなど幅広く掲載されています。ビギナーがつまずきがちなメンタル部分や英語学習の悩みも載っているので、自分に必要なトピックがあれば参考になると思います。

まとめ

と、ここまで目的別おすすめ英語学習法を書いてきました。少しでも参考になれば嬉しいです。

日本の人口が減少していく中、これからは海外に目を向け世界と共存していく必要があります。それは私達だけでなく、今の子供達にとって身近なこととなるでしょう。

お子さんに生きた英語を身に付けさせたいと願うなら、親の私達が正しい学習法を知っておくことは価値のあること。

以下は有名なスタンフォード大学でのスティーブ・ジョブズのスピーチ私の好きな一節。

You can’t connect the dots looking forward, you can only connect them looking backwards. 

(将来を見据えて、点と点を結びつけることは出来ません。後に振り返ってみた時にしか、点と点を結びつけることが出来ないのです)

So you have to trust the dots will somehow connect in your future.

なので、あなた方は点と点がとにかく将来に結びつくと信じなければならないのです) -中略-

Your time is limited. So don’t waste it living someone else’s life.

(あなた方の時間は限りがあります。誰か他の人の人生を生きることで無駄にしないで下さい)

2015.6.スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学でのスピーチより

点と点はいつか繋がるものです。今日という点を信じて自分の未来へ繋げていきましょう( ´∀`)