外資転職エージェントでの英語面談 ①

英語で面談。何てドキドキする響き。。

私は何度か転職してきました。業界はずっとアパレルなのですが他と比べると特殊な部分もあり、業界専門のエージェントもしくは企業の中に専門部署が存在します。一般的に有名な転職サイトや転職エージェントではニーズにマッチしにくいです。

今回は私が利用した外資系転職エージェントとの初英語面談までの経緯書いていきます。

これから外資系への転職や英語面談にチャレンジされる方の参考に少しでもなれば幸いです。

まずLinkedInに登録した

LinkedInというSNSをご存知でしょうか。

私が転職した外資系企業で、マネージャーが登録しているのをたまたま知って私も登録してみよう!と決めました。

LinkedInは、世界最大級のビジネス特化型SNS、および同サービスを提供するシリコンバレーの企業。2003年5月のサービス開始後、アメリカ合衆国を始め、世界各国で普及し、2018年4月現在、登録メンバーは5億4千万人を超す。日本では200万人以上が登録している。

参照元:wikipediaより LinkedIn

ビジネス関係のチャンスを得たい人、繋がりを構築したい人が実名で登録するFacebookのお仕事版のようなサービスです。

登録している人の多くが外資系に勤めており、かつ学歴や経歴がキラキラな方が多い印象。

ですので最初登録する際は躊躇しました…。私決してキラキラではないもので…

そんな気持ちを追い払い登録してみると、関連する業界の外資系エージェントからメッセージが来るように。

「Hello,〇〇さん!I am interested in your career. I won’t talk in detail..」(ハイ!私は〇〇エージェントの△△と言います!あなたの経歴に興味があるので一度お話ししませんか?)

大体はこのような感じの英語メールが来ます。

正直最初は英語なのでビビりました^^;

ここから何か機会やチャンスが出来るかはその後どうしていくかによりますが、私の経験から言うと、Linkedinに登録する方がWEBから登録したり応募するよりも効果的に繋がりを持てたと思います。

LinkedInはその人が今何をしていて何をしてきたががリアルに解り、エージェントにとっても効率がいいのかもしれません。

エージェントと英語面談に至るまで

前置きが長くなりましたが、本題の英語面談。

私がお世話になった外資系エージェントは全部で3つ。そして3つとも英語の面談がありました。

LinkedInでのメールのやり取りならgoogle翻訳も使えますが(でも変な文面になるのでお勧めしません)会話はそうはいかない!

それに対して私の英語力は2年前の時点でかなり怪しいもの…。

英会話教材で定期的にリスニングはしているものの、アウトプットする機会がなく”何となく知ってるレベル”でした..。

暫くして「一度直接お話ししませんか?」と某エージェントからメッセージが。海外に居るエージェントの上層部の人が直接メッセージを送ってきたのです。

(何で私に?)と最初は警戒したのですが、調べてみると日本に進出してまだ間もない会社のよう。

補足ですが私はこの時転職活動していた訳ではなく(自分の市場価値)を知る目安なると思いLinkedInに登録しました。

なのでこういったメッセージが来ると、何故?とその背景を知りたくなるのです。

しかもその時点で当時の会社で仕事してまだ半年。

(ポジションもある訳でもないのに何で?)という疑問と、自分じゃ気付かない価値があるのかもしれない..というほのかな期待と好奇心。

もちろんそのエージェントのことは解る範囲でチェック。まだ数年の若い会社のようですが社長を始め優秀な実績を残している様子。そしてオフィスは六本木。ギロッポン!

外資系六本木オフィスというシチュエーションに私の好奇心がうずいてしまったのした…

エージェントとメールで連絡する

「どのようなお話でしょうか。今は転職のことはあまり考えていないのですが、良いお話しだったら考えます。」と冷静に返信。Google翻訳を駆使しつつ^^;

間もなく返信があり、「日本に居るメンバーとアレンジをするから都合の良い日時を教えてください。」と、話はトントン進みました。

「OK!当日はCがあなたの相手をするのでよろしく!」と相手の名前やオフィスの場所、アシスタントの名前などを伝えられ、以後はアシスタントのMさん、面談相手のCさんとやり取りすることになりました。

不安と期待が入り混ざる中、私は当日の面談相手Cさんに宛てメールを書きました。

「Hi,〇〇.Thank you for your this opportunity.
…〇〇,… … …Could I speak Japanese and English on the day?
Best Regards,〇〇」

「〇〇さん、今回はありがとうございます。
…、…、当日は日本語と英語で話してもいいでしょうか?」


だって、全部英語で会話なんてムリ!

程なくして返信が。

「Happy Friday! 〇〇-san! 分りました!じゃあ日本語と英語を混ぜてお話ししましょう。
それでは当日はよろしくお願いします!

Best Regards, C」

このHappy Friday! は挨拶の一つで、やっと金曜日だね!と言う意味もあれば、水曜日とか関係ない曜日でも使うようです。

この方からはその後色んな曜日のHappy〇〇!メールが送られて来ました。不思議と元気の出る文章ですよね。

そんなわけで後日私は六本木にあるそのエージェントのオフィスを訪れたのですが、私の英語は、そして面談はどのようなものだったでしょうか…

次回へ続きます!